« 個人情報の重要性 | トップページ | 夏季休暇のお知らせ »

2014年7月23日 (水)

独立系ファイナンシャルプランナーではやはり食べていけないのか…

日本の独立系FPといっても、実は多くは独立系FPではないのです。ほとんどが保険を売って生計を立てたりしているので独立系FPとは言えないのです。その中で当社は保険代理店もやっていないし不動産仲介業もやらずに、真の独立FP会社として13年継続できているのはとても珍しいようです。

当社の顧客は1000万円以上現金を持つ人が普通であり、その方々は確実に資産を増やしたいと持っています。そこで当社がお金を預かって運用し1~2パーセントの利息を配当するというビジネスモデルを考えたことがあるのですが、この日本では様々な法律がそれをできなくしているので、結局実現していません。また日本ではローン会社に住宅ローンを紹介し銀行から報酬を得ることも銀行法などの関係でできないです。

あれもダメこれもダメ、何もできないのるで、日本の独立系ファイナンシャルプランナーのほとんどが保険や住宅や株を売るしかないのです。つまり独立系FPの多くが実は保険屋や株屋や不動産屋だったりするケーズが多いのです。この日本ではやむを得ない。

しかし、その中でも当社は商品販売を目的としない真の独立系ファイナンシャルプランナー会社です。実際に保険代理店や証券仲介など一切しておりません。なぜ13年も存続しているのか、それは警察や県庁など行政、上場企業などの顧問やセミナーをしている、とても珍しいビジネスモデルなのです。

このままではこの日本ではアメリカのようなファイナンシャルプランナー業務としてが食べていくことは無理でしょう。食べていくには保険を得るなどしていてなければならないでしょう。なんと悲しい現状でしょうか・・・

しかしその中で当社は真の独立系ファイナンシャルプランナー会社として、100年以上続く企業となるように日々努力して参り思います。今後ともどうぞよろしくおねがい致します。

           株式会社FPコンサルティング
           http://www.fp-con.co.jp 

« 個人情報の重要性 | トップページ | 夏季休暇のお知らせ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/427524/56871175

この記事へのトラックバック一覧です: 独立系ファイナンシャルプランナーではやはり食べていけないのか… :

« 個人情報の重要性 | トップページ | 夏季休暇のお知らせ »

フォト
無料ブログはココログ